お気に入りのパン屋さんの見つけ方

bread-315690_640

パン屋さんといっても今は本当にたくさんあふれています。
そんな中で自分なりのお気に入りのパン屋さんを探すことはちょっとした、ライフスタイルの豊かさにつながります。
そんなパン屋さんの探し方、または自分なりの設定です。
まずは、日常的な使いたい、食パンやバケットを数日毎に購入するパン屋さんです。これは何と言っても、好みがあるのでいくつかのパン屋さんで試してみましょう。いくら人気店の食パンでも口にあわないこともあります。逆にコスト以上に自分の口にあうところがあるはずです。店頭で事前予約により、販売がどの程度のびているか予想できますのでこういったところも参考になります。
次に菓子パンや惣菜パンです。こちらは100円均一のパン屋さんから、天然酵母でパン生地以外にもこだわっているパン屋さんもあります。口コミなどでまずはチェックすることがよいかもしれません。
高いパン屋さんが必ず美味しいとは限りません。天然酵母のパン生地が苦手な方もいるからです。
また健康志向の人なら、埼玉のパン屋の様に砂糖やマーガリン、バターを使用せず、雑穀の甘みを感じられるパンが得意なお店を見つけられればちょっと幸せになれるかも。
大切なのは自分が求めるものをはっきりさせることとも言うことが出来ますね。

高い=美味しいは間違い?

money

どうして高級食材は高級なのでしょうか。
なんだかバカみたいな日本語になってしまいましたが、例えばどうしてウニや蟹はあんなに高いのかと、誰もが一度は疑問に思ったことがあるはずです。

例えば、連日行列ができるラーメン屋さんのラーメンは、何十分も待ってでも食べたいと考える人が大勢いるわけですよね。
それでもきっと1000円もしないはずです。

では一杯1万円のウニ丼は、このラーメンの10倍も美味しいのでしょうか。
答えはもちろんノーです。

はっきり言ってしまうと、高級食品というのは単純に生産量が少ないから高いんです。
もしもラーメンの材料である小麦粉がとても希少であれば、きっと行列ができるラーメン屋さんのラーメンは数千円、あるいは1万円以上するかもしれません。
同じように、もしウニや蟹がどこでも大漁にとれるものであるのなら、きっと投げ売られるような値段で手に入るハズです。

しかし、ここで高級食材に価値がないとしてしまうのは早計です。
量が希少=高価となる前提には、やはり人間が食べた時にとても美味しく感じるということがあります。
美味しいのにめったに食べられないというスパイスが高級食材を高級食材たらしめているわけですね。

大間のマグロと並び世界最高峰の品質と言われていますが、今では絶滅の危機に瀕しています。
このような状況を受け、壱岐のマグロをぜひ食べてみたいと考える人が増えているようですね。
壱岐のホテルでは本マグロを中心とした壱岐の希少な海鮮を楽しむことが出来るので、食通はぜひ一度足を運んでみてはいかがでしょうか。

居酒屋珍味

%e3%81%be%e3%82%8b%e6%b5%9c

世の中には数多くの居酒屋があり、会社の同僚や家族、友人たちとの楽しい時間をたくさんの方々が過ごされていらっしゃるかと思われます。
そんな居酒屋で注文するメニューと言えば刺身、焼き鳥、から揚げ等の皆が食べられる物を注文する事が多いかと思われます。
しかし居酒屋には家等ではなかなか食べられない珍味があったりしています。 続きを読む

イタリアンの構成

suckling-pig-727974_640

イタリア料理はアンティパスト、プリモ・ピアット、セコンド・ピアット、ドルチェで構成されるのが基本です。チーズがセコンドになる場合や、ドルチェ同様に扱われる場合があります。
アンティパストは前菜であり、とくに有名なものがメロンと生ハムの組み合わせや、ハムやソーセージを盛り合わせたものです。 続きを読む