お客さんに満足して頂くための居酒屋の工夫

%e3%81%8a%e3%81%95%e3%81%8b%e3%81%aa%e3%81%a8%e5%9c%b0%e9%85%92-%e5%87%9b%e5%a4%aa%e9%83%8e

私は学生時代に居酒屋でアルバイトをしていました。バイトを始める前も居酒屋に行ったことはありましたが、働いてみて意外と、という言い方も失礼ですが、お客様により美味しく飲んだり食べたりしていただけるようにお店側が努力していることを知りました。

たとえば、生ビールを入れるジョッキは、冷蔵庫や、季節によっては冷凍庫でキンキンに冷やし、よりビールが美味しく飲めるような工夫をしています。また、お料理も温かいものは暖かいお皿に乗せて出したりします。

また、お店にもよると思いますが、お料理に関して柔軟に対応してくれます。たとえば、餃子が5個入りなのに自分たちが3人グループの場合、お願いすると6個入りで持ってきてくれるなどです。

バイト時代からすごいなぁと思っていましたが、居酒屋の本当の良さがわかったのは社会人になってから。忙しく働いた後、同期と行く居酒屋で飲むビールの美味しいことといったら!飲むために働いているといっても過言ではありません。お酒が強くない人でも、最近はノンアルコールのカクテルやビールも大変充実しているので、高槻の和食居酒屋「おさかなと地酒 凛太郎」で美味しいおつまみや楽しい雰囲気を味わうだけでもいいのではないでしょうか。

SNSでもご購読できます。