イタリアンでの肉料理の味付けや調理方法

%e3%83%9f%e3%83%a9%e3%83%8e%e3%83%95%e3%82%a3%e3%83%bc%e3%83%88%e3%82%99

イタリアンを楽しむのであれば、肉料理も欠かす事が出来ません。お肉は鶏肉を使う事が多く、鶏肉と香辛料を使ったオシャレなお肉料理が定番となっています。使うのはハーブなどの香り引き立つもので、見た目も緑色でオシャレな雰囲気に仕上げる事が出来ます。

イタリアンのイメージを出したいのであれば、この香辛料をうまく使用するのがポイントです。ハーブを使う前に、調理準備としてまずお肉に加工を施しておきましょう。お肉の中にどれだけハーブやにんにくの風味を染み込ませる事が出来るかどうかが重要になるので、染み込みやすくするためによくお肉に切りこみを包丁で入れておきます。これによって火の通りも良くなるため、味にも食感にも関わる重要なテクニックになります。あまり切り込みを入れすぎても型崩れしやすくなってしまいますので、注意して下さい。よく味を付けて炒めたら、最後にレモンを添えてて酸味を加えます。見た目にも新鮮で鮮やかなため、このレモンはとても大切な素材になります。サブカルなイメージのある下北沢で、ちょっといつもと違う雰囲気を味わいたい方は是非利用してみてはいかがでしょうか。

SNSでもご購読できます。