カフェと喫茶店の違いとは?

カフェと喫茶店の違いは何?

「カフェ」というとオシャレで洗練された印象ですが、「喫茶店」というとどこか昭和の雰囲気漂うレトロなイメージがありますよね。とはいえ、コーヒーや紅茶を楽しめるお店と表現すればどちらも一緒です。では、「カフェ」と「喫茶店」の違いはどこにあるのでしょう?

最近人気のあるカフェを見てみると、飲み物だけでなくフードメニューも充実していることがわかります。パンケーキやフレンチトーストが人気のカフェも有名です。ランチメニューが豊富で、お昼時に行列のできるお店も少なくありません。一方、喫茶店は飲み物をメインとするお店が多いようです。中には、軽食メニューすらないお店も珍しくなく、概してフードメニューはあまり充実していない様子です。

カフェと喫茶店の違いを調べてみると、意外な事実が判明しました。実はこの2つの形態、営業許可が違うのです。カフェを開業するには「飲食店営業許可」が、喫茶店を開業するには「喫茶店営業許可」が必要になります。喫茶店営業許可は飲食店営業許可よりも取りやすいのですが、アルコールの提供ができず、簡単な加熱以外の食品調理ができません。

喫茶店でできることとは?

喫茶店の場合、アルコールを含む飲料、加熱以外の手順を必要とする料理は提供できません。なので、メニューはコーヒーや紅茶、ジュース、菓子、果物といったシンプルなものが並びます。喫茶店にはフードメニューが少ないのではなく、調理を必要とするメニューを出せない、ということなのです。

ただし、喫茶店営業許可を取っているから喫茶店を名乗らなくてはいけない、というわけではありません。逆に、飲食店営業許可を取っているお店でも、喫茶店を名乗ることがきます。また、飲食店営業許可を持っていても、必ずしもフードメニューを提供しなくてはいけないわけでもありません。つまり、お店の名前に「○○カフェ」とか「○○喫茶」と書いてあっても、お店の形態までは判別できないということになります。

https://www.love-smile-happiness.co.jp/

カフェ、喫茶店以外にもある呼び方

お茶やコーヒーを楽しむお店の中には、カフェ、喫茶店という呼び方以外の名前を冠しているところがあります。例えば、「茶寮」「茶房」なんていうものがありますね。茶寮とは茶室のある小さい建物のことで、懐石料理店や料亭の屋号として多く使われています。茶房は紅茶・コーヒーを出すお店のことで、喫茶店の別称です。どちらも和風な喫茶店とイメージするとわかりやすいですね。

SNSでもご購読できます。