ケーキと飲み物のコラボレーション

16

カフェで食べるケーキの魅力は、なんといってもそのお店のマスターがプロデュースする飲み物とケーキのコラボレーションだと思います。このアールグレイティーにはこのレアチーズケーキが合うとか、このモンブランの甘さにはこのエスプレッソの濃度がちょうどいいとか、オーナーさんが味わいや風味に凝って入れたドリンクと、素材に凝って手をかけたケーキがセットになって提供されるのです。緻密な計算、あるいは軽妙な感性によって生み出されるハーモニーは、ファミリーレストランのデザートでも、コンビニスイーツでも、ケーキ屋さんの単品販売でも味わえないものです。午後のティータイムを総合的に演出してくれて、私たちはそれをオーナーの感性ごと味わう。そんな贅沢な気分を味わえます。そしてオーナー独自の発想で作られたローズケーキやずんだクレープなど、そこでしか食べられない変わり種のケーキが味わえるのも大きな魅力です。ちなみに私のおすすめの伊勢のケーキ屋さんではよくミルフィーユを食べます。カフェによって生地がクレープだったりパイだったり、バニラクリームだったりカスタードクリームだったりして、その店独自の味が楽しめますよ。

SNSでもご購読できます。