シンプルだからこそ手間がかかっているフランス料理

フランス料理はシンプルな調理法と味付けのものが多いです。シンプルだからこそ素材の美味しさが存分に堪能できるのです。だからと言って手抜きという訳ではありません。例えば、フランス料理のコンフィという調理方法があります。これは、お肉などに塩をすり込み、低温の油でじっくり揚げる調理法です。テーブルに出されてしまえば、その苦労は見せませんが、見えないところで手間をかけるのがフランス料理なのです。素材の味を最大限に生かすために、調理方法や味付けはシンプルに、だけど手間は惜しまないというのがフランス料理がおいしい所以なのです。次にフランス料理を食べるときは、テーブルに出てくる前に様々な手間をかけられていることを感じながら食べてみてください。より一層フランス料理がおいしく感じるはずです。また、料理を食べる際にはワインもお忘れなきようお願いします。フランスはワインの産地でもあり、美味しいワインがたくさんあります。広島にあるフレンチレストランでもたくさんのワインがあります。そういったワインと料理を一緒に楽しめば、口いっぱいに幸せが広がります。

SNSでもご購読できます。