タイ料理といえばパクチー、パクチーといえばタイ料理

タイ料理といえばパクチーですね。
そのクセの強さから好き嫌いがハッキリと分かれる食材ですが、ここ最近日本ではパクチーブームと言えるくらいかなり人気が出てきています。
最近ではなんとパクチー専門店が出てきているくらい。パクチーサラダ、パクチー生春巻き、パクチー鍋等々…山盛りのパクチーが食べられるメニューが目白押しです。
でも実際のところ、タイではそこまでパクチーがメインになるようなことはないのだとか。
あくまで彩りや見栄えを良くするためや、香り付けの目的で料理に添えたり散らしたりするという程度。あくまで脇役、薬味としての位置づけなのです。
また、タイではパクチーは葉っぱではなく根っこのほうを香りづけに使うなど重宝しています。葉っぱのほうを好んで食べる日本人とは大きく違いますね。
なので、最近のパクチーブームは本来のタイ料理とはちょっと違った方向と言えそう。
でも、それを「日本で食べる新しいタイ料理」としてのカテゴリーで見るのであればそれはそれで楽しいかもしれませんね。


広島でタイ料理を満喫するなら、こちら。
http://www.baltan-shokudou.com/

SNSでもご購読できます。