バーベキューで気をつけたいこと

バーベキュー楽しんでますか?バーベキューは家族や仲間とワイワイ騒ぎながらできる楽しいものです。しかし、このバーベキューも一歩間違えば大変なことになります。
バーベキューを行う時期として多いのはいつごろでしょうか。そう、夏が多いと思います。夏の暑い時期に、火を囲んで肉を焼き、ビールで流し込むというのがバーベキューの醍醐味です。しかし、この夏という時期は一つ問題をはらんでいます。それは、食中毒の時期でもあるということです。バーベキューだから焼いてしまえば問題ないと思っている方も多くいると思いますが、焼き方に問題が出てきます。火を通す通さないではなく、肉を焼くときに使う箸でそのまま焼いた肉を食べることが問題になるのです。肉を焼くときに生肉を箸でつかんで網の上にあげると思います。その生肉に食中毒を引き起こす菌がついている場合、生肉を持ち上げた箸に菌がついてしまう可能性があり、その菌を焼いた肉を食べるときに体内に取り込んでしまう危険性があるのです。
肉を焼いたからと言って、生肉をつかんだ箸で食べるのは控えて、生肉用の箸、焼いた肉用の箸と使う箸を分けて、楽しくバーベキューを楽しみましょう。
ちなみに、こうしたしがらみを考えずにバーベキューの味を楽しみたい、という方には、バーベキュー専門のお店をおすすめします。
大阪にあるバーベキュー専門店、「pit master VAMOS」では、厳選した食材をバーベキューテイストで味わえるので興味がある方は一度行ってみてはいかがでしょうか?
http://www.pitmaster-vamos.com/

SNSでもご購読できます。