寒い時期にはうどんを食べよう

だんだん寒くなってきました。北海道では雪もよく降るようになったと友人が嘆いています。
そうすると、「うどん屋さん」のうどんを食べて、心も体も温まりたくなりますよね。
うどんと言えば、「素うどん」もシンプルでいいです。
そこに生卵を落として「月見うどん」、いいですね。
油揚げが入って「きつねうどん」いや、「月見きつねうどん」、
長ネギが香ばしく、ゴマをかけても風味があっていいですね。
「とろろうどん」や「たぬきうどん」を忘れてはいけません。
「カレーうどん」も体の芯からすっかり温まる感じが伝わってきます。
うどんのモチモチとしたやわらかい触感と、スープの旨味をしっかり吸う特徴から、食べごたえがあるばかりか体を芯からお温める食べ物です。
それでだけではありません。消化にもいいと言うではありませんか。
そこの「うどん屋さん」で美味しいうどんを食べませんか。
私は、安城のうどん屋さんで「月見きつねうどん」に「わかめ」をトッピングして楽しんでいます。
本当に、うどん屋さんの「うどん」食べたくなりますね。

SNSでもご購読できます。