居酒屋に行くのは何時からが良いのか?

居酒屋の営業時間

居酒屋の営業時間に関してははっきり申しまして、まちまちです。24時間営業をしている居酒屋もありますし、17時から23時までの夜の時間帯しか営業していないという居酒屋もあります。また夜だけではなく昼時は、ランチなどを提供している居酒屋も多く存在しています。ただ一概には言えませんが、チェーン店では夜のみの営業をしているところが多いです。逆に個人店などはランチなどをやるお店が多く、最近では昼間は違うオーナーが厨房を使って運営する間借りシステムなどを採用している居酒屋などもあります。
営業時間でほかの居酒屋と差別化をしているような店舗もあります。例えば、昼から酒が飲めますと謳い、AM11:00からお酒を提供しているような居酒屋や深夜5時まで営業と遅い時間まで営業している居酒屋、16時から19時まではハッピーアワーでお酒が安くなるというようなハッピーアワー制度を取り入れている居酒屋などもあります。消費者はあまり注目していないかもしれませんが、営業時間も居酒屋にとっては重要な差別化を図るポイントであったりします。

居酒屋は何時がコアタイム

居酒屋はいつ頃のタイミングがコアタイムなのでしょうか。誰もが想像している通り、19時から22時までになります。この3時間が居酒屋にとっては書き入れ時であり、最も重要な時間帯になります。この時間帯でどれだけお客さんを確保できるかによって、一日の売上が大きく変わります。またお客さんにとってもこの時間帯は食事時であることや、店側もスタッフの数を多くしているため、お酒も料理もお客さんが楽しめるよう工夫をしています。

オススメの入店時間

オススメの入店時間についてですが、ずばりハッピーアワー時です。ハッピーアワーというのは店によって異なりますが、概ね、夜の営業時間がスタートしてから、一日の入場者数がピークになっていく19時までの間に設けられていることが多いです。この時間帯はお酒の価格がとにかく安いです。お酒が全種半額になるお店などもあります。料理もセットになっている居酒屋もありますし、お店によってはハイボールを100円以下の値段で提供しているお店などもあります。また、この時間帯の居酒屋はそこまでお客さんが多くないので、フードやドリンクが手元に届くまでがスムーズです。料理においても売り切れているということがまずありませんので、自分が食べたいと思った料理をほぼ100%の確率で食べることができます。

梅田や西中島で飲食店を展開している有限会社 ソーヤ

SNSでもご購読できます。