日本における三大中華街の魅力を伝えます

中華街は中華料理がおいしくいただける場所

中華街は中国人が多く移り住み、そこでネットワークを築くことにより、チャイナタウンとして形成された街です。
日本の三大中華街は横浜や長崎、神戸なのですが、これらの街は港町として発展してきたころもあって、そこに中国人が移り住んだという背景があります。
それぞれの中華街は観光地としても有名で、日本人だけでなく多くの外国人が訪れています。
そこでの魅力はいろいろな中華料理が味わえることです。
中国に来たような雰囲気を味わえ、そこで中華料理を楽しむということがいいでしょう。

一番有名な横浜中華街

横浜中華街は日本の中でも有数の観光地ではないでしょうか。
日本でも一番有名な中華街ですので、誰でも知っている場所です。
そこには600店以上も店舗が立ち並んでいますので、いろいろと廻ってみても楽しいでしょう。
ただ、観光客でとても賑わっていますので、そこのところは十分覚悟してください。
その中でも中華料理店は220店以上もあるくらいにいろいろとあることが分かるのではないでしょうか。
中華料理をメインとしているのであれば、どこに行くのか迷ってしまうくらいですが、それぞれで特徴がありますので、特徴に沿って行く店を決めることをおすすめします。
横浜大世界というところは、横浜中華街の中で最大のエンターテインメント施設です。
飲食店や中国に関するグッズ販売店、占い、マッサージ、アミューズメントなどさまざまあります。
横浜関帝廟は横浜中華街の真ん中にあり、パワースポットとしても有名な場所です。

http://www.h-daio.com/

神戸のチャイナタウンである神戸南京町

神戸南京町は横浜中華街の1/4のスケールになりますが、そこに中華の要素をぎゅっと詰め込んだ印象を持つ街です。
元町商店街の隣に位置しており、気軽に立ち寄ることができるような身近な印象を持つでしょう。
本場の魅力を狭い地域に詰め込んだということもあって、本場のローカルな雰囲気を十分に味わうことができます。
神戸南京町の中心にある南京町広場では一休みできるスペースがありますし、イベント広場としても活用されています。

最も歴史がある長崎新地中華街

長崎新地中華街は福建省が協力して作られたチャイナタウンです。
3つの中華街の中でも最も中華街としての歴史があります。
長崎ランタンフェスティバルが開催されている時が一番盛り上がります。
中華料理を味わうだけでなく、長崎独自のグルメであるちゃんぽんや皿うどん、角煮まんじゅうなども魅力的です。

SNSでもご購読できます。