本場イタリアンのドルチェ

私たち日本人はイタリアンが大好きですね。
お料理はもちろん、イタリアのスイーツも日本では当たり前のように食べられています。
ところで、本場イタリアのスイーツは、日本で我々が食べているスイーツと、同じなのでしょうか。それとも全く違うものなのでしょうか。
日本人が食べているイタリアンスイーツと、イタリア人が食べているスイーツとの違いをご紹介したいと思います。
まず、イタリアンレストランでドルチェ(デザート)のお皿が出されると、大抵の日本人はその量にビックリします。
とにかく、量が多いのです。少食の方ならドルチェだけでお腹がいっぱいになる程です。
そして味もとにかく甘く、濃いです。
例えばティラミス。私たちが食べているティラミスは、コーヒーのほろ苦さが効いていて大人っぽいイメージですよね。
しかし、イタリアのティラミスはコーヒーの風味はするものの苦味は少なく、やはりひたすら甘いです。
また、つるん喉越しの良いパンナコッタ。これもお皿にドン!とたっぷり守られてきます。私たちが日本で食べる倍以上はあります。これも甘く、こってり。唇にペタっとしたクリームの油脂感が残るほどです。
他にも、焼き菓子にはたっぷりと粉砂糖が振りかけられ、チョコレートケーキはジャリジャリと砂糖の粒をそのまま感じるほどです。
こんなにイタリアンスイーツが甘いのには理由があります。イタリア人は食後に必ずとても苦いカプチーノを飲みます。その苦さを紛らわすためにドルチェはとても甘く作られているのです。
我々が食べているイタリアンスイーツよりはるかに甘い本場のイタリアンドルチェ。三宮のイタリアンの宴会でも美味しいドルチェを出してくれるので、もしイタリアに行くことがあれば、ぜひと食べ比べしてたのしんでみて下さいね。

SNSでもご購読できます。