本格的なガパオライスに欠かせない2つのもの

日本でもすっかり人気となったタイ料理。
他の料理にはない複雑な味わいが魅力ですね。
その秘密はエスニック特有のスパイスやハーブにあります。
お家やファミレスのタイ料理はいまいちパンチに欠けるのは、こういった調味料を使用していないことが多いからなんですね。

逆に言うと、スパイスやハーブをきっちり用意すれば、自宅でも超本格的なタイ料理を作ることだってできるんです。
そこで今回は、タイ料理の中でも特に人気のある、ガパオライスに欠かせない二つの調味料をご紹介します。

まずひとつ目がナンプラーです。
これはタイ語で魚の液体という意味で、飲食店などでは普通にテーブルに置いてあったりします。
日本でいうお醤油ポジションですね。
醤油に比べると塩気が強く、魚の特有の匂いがあり、クセが強いとも言えますが、上手に使うことで料理の旨味を強調することが出来ます。
普通の醤油で代用してしまうことが多いのですが、これがガパオライスには不可欠なんですね。

そしてもう一つがホーリーバジルです。
こちらは本格的なガパオライスには絶対に欠かすことができません。
なぜかというと、タイ語でガパオとはホーリーバジルのことなんです。
味はミントとバジルの中間の様な感じで、普通のバジルとはかなり異なります。
多くの料理本にはホーリーバジルは無ければバジルでOKなんて書かれていますが、本場のタイ料理人から言わせれば言語道断なんだとか。

本格ガパオライスに欠かせない二つの調味料をご紹介しました。
代用品との違いを口で説明するのは難しいのでぜひご自分で作って試してみて下さい。
調達が難しければ、専門的な食材を扱っている業者を利用するのがおすすめです。
東京でアジア料理にチャレンジするなら、業者探しには困らないかもしれませんね。

SNSでもご購読できます。