海のパイナップル、ホヤの旬や栄養価を知ろう!

ホヤはどこで獲れるものが美味しいの?また旬はいつ頃?

ホヤはとても栄養豊富であり、健康や美容を気遣う人にとって多くの効果が期待されている海産物です。ホヤは独特な凹凸のある外見から「海のパイナップル」と呼ばれており、特に宮城県で獲れるホヤは絶品で、5月中旬から8月中旬にかけてが一番美味しい旬とされる時期です。旬のホヤは、栄養をたっぷりと含んでいるため、美容や健康増進のために食べると効果的でしょう。

ホヤに含まれる栄養成分 タウリン・グリコーゲン・ビタミンE

ホヤに含まれる必須アミノ酸の1種、タウリンは一般的には栄養ドリンクなどにも含まれている成分で、疲労回復や肝機能を高める効能があると言われています。また、タウリンには、コレステロール値や高血圧、血糖値を気にする人にも良いとされ、それらを下げる役割をします。生活習慣病を予防するためにもタウリンは積極的に摂っておきたい成分でしょう。
グリコーゲンは、肝臓や筋肉に含まれる成分でエネルギーを代謝する際に使用されるため、特にスポーツや肉体労働をする人にとって有効な成分です。疲れ時やストレスが溜まった時は、脳は糖分を必要とします。そんな時にグリコーゲンを摂ると、集中力が高まり仕事や勉強などをスムーズに行うことができると言われています。
抗酸化作用が期待されるビタミンEはアンチエイジング効果があるとされ、血管内の健康を保ち、コレステロールの酸化を抑制する効果に期待できます。そのため、摂取することで老化防止や生活習慣病を防ぐとされています。

ホヤに含まれる栄養成分 ビタミンB12・カリウム・鉄分

ビタミンB12は貧血予防としての効果があると言われています。水溶性なので水に溶けやすく、大量に摂っても体の外に排出されるので摂りすぎを心配する必要がありません。その分、不足しやすい栄養とも言えます。ビタミンB12が体内に不足すると貧血症状を起こし、食欲不振やうつ病、体力・記憶力の低下など心身に大きな悪影響を及ぼすことがあります。日々の健康を守るためにも積極的に摂りたい栄養成分です。
カリウムは体の中の細胞内にある栄養素です。塩気の強い食べ物を好む人は特に必要な栄養成分とされ、細胞内の浸透圧をを保ち、水分バランスの調整を行う働きをします。また、高血圧や脳卒中を防ぐ効果も期待されており、強い骨を作ると言われています。
人にとって欠かすことができないミネラル成分の1種である鉄分は、不足すると貧血症状を引き起こします。また、鉄分不足は疲れや倦怠感の原因となりうつ病になりやすくなるとも言われていることから、女性のみならず男性も常日頃から摂取しておきたい栄養成分と言えるでしょう。

大阪で鰻を仕入れたいたい方へ

SNSでもご購読できます。