牡蠣を食べるメリット

2f3f8bb64e98258c81f7ef04dff6eec5_s

寒くなってくると食べたくなるものがあります。それは牡蠣です。プリッとした中に、うまみが詰まっています。
牡蠣は、カキフライや牡蠣鍋が牡蠣本来の味を味わうことができます。カキフライは油で揚げることでうまみが増し、牡蠣鍋は牡蠣のだしが鍋全体に行きわたり、他の食材もおいしくします。子供たちも大好きで、たくさん食べてくれます。
牡蠣はおいしいだけでなく、栄養がたくさん詰まっています。皮膚の再生を促してくれる効果があり、食べると肌荒れが治り、すべすべになるとも言われています。牡蠣に酢を加えることで、酸の効果でより亜鉛を吸収しやすくなります。カキフライにレモンを添えていたり、牡蠣鍋をポン酢で食べることがいい理由です。
牡蠣を食べることは、女性にとってうれしい貧血の予防にもなります。造血に欠かせない栄養素がたっぷり含まれているためです。おいしく食べて、健康や美肌に効果がある牡蠣は、絶対に食べたい季節の食材です。最近はオイスターバーも増えているので、手軽に食べられるようになりました。吉祥寺にあるオイスターバーなら、美味しい牡蠣がリーズナブルに楽しめるのでおすすめです。

SNSでもご購読できます。