意外と種類豊富なじゃがいもについて

我々の食生活にもはや欠かすことができない定番の根菜であるじゃがいも。普段何気無く食べていますが、実は非常に多くの種類があるということをご存知ですか?

一般的にスーパーなどで購入することが出来、広く食べられているものは「メイクイーン」と「男爵」の二種類であり、これは二台品種と呼ばれています。他にもやや知名度は落ちますが、インカのめざめ、十勝こがね、ニシユタカなどがあり、また甘いことで知られる金時いもなどなど、非常に多くの品種があるんです。

さらに、上で挙げたようないかにもじゃがいもといったじゃがいも以外にも、皮が赤いレッドムーン、中身まで真っ赤なノーザンルビー、皮も中身も紫色のシャドークイーンなど、本当にじゃがいも?と思わず疑ってしまうようなものまで。
もっとも、この様な珍しい品種は、築地の青果卸のような多くの品種を扱っている業者を通さなければなかなかお目にかかることは少ないかもしれませんが。

見た目だけでなく、それぞれの品種ごとに味や食感、適した料理も変わってくるので、じゃがいも好きという方はぜひ色々な種類を試してみて下さい。

SNSでもご購読できます。