中洲のスペイン料理店を手頃に楽しむ

スペイン料理 (4)

スペイン料理と言えば、スペイン固有の料理を指しますが、中でもパエリアが定番かつ有名です。これは、専用の平たい鍋に米を敷き詰め、その上にパプリカや魚介類などをのせて炊く米料理です。

スペインは食材が豊富で、地中海の海の幸とイベリア半島の山の幸が生かされた料理であり、素材を生かした調理法が特徴となっています。煮込みや焼き物・揚げ物・米料理など多様の調理法を用い、味のベースにはオリーブオイルとニンニクを使用します。スペインでは1日5回食事を摂りますが、朝食・昼食・夕食の他に、間食を2回摂ります。福岡県福岡市の中洲にも、スペイン料理店が数件あります。

中洲のスペイン料理はいずれもカジュアルな雰囲気で、会社の同僚や友人達と気軽に食事を楽しむことが出来ます。中でもバルデサラマンカは、フルコースやタパスが手ごろな価格でいただける隠れ家的なお店で、カジュアルな雰囲気の中で、豊富な料理と一緒に楽しむワインやシャンパンも人気があります。

SNSでもご購読できます。