あると便利な懐紙

テレビの料理番組で手を受け皿にしている方をよくみかけませんか。日本料理では手を受け皿にするのはマナー違反とされています。手を受け皿にした場合、汁や食べ物がこぼれて汚れた手はどうしたらいいのでしょうか。口元を手で隠すのは美しいとはいえません。

日本料理では手のひらサイズの小皿は手で持ってよいとされています。刺し身に醤油をつけてそのまま口に運ぶと醤油がポタポタこぼれるので、小皿を持って食べます。
皿を持ってはいけない料理の場合は、こぼれそうなときは懐紙を使います。懐紙を手に持って受け皿にすれば手が汚れません。

食べ散らかしが皿の上にのっていると見苦しく、食事を共にしている人に不快感を与えます。料理を下げる人にも失礼になるでしょう。懐紙は魚の小骨など見苦しいものを隠すときにも使います。隠して置けばお皿の上がきれいになります。

懐紙をバックに入れておくと豊田の割烹料理屋でスムーズに使えます。懐紙を上手に使える人は品があり美しいです。

SNSでもご購読できます。