高級中華料理としてあげられるのはなんですか

高級中華料理と言われれば、思いつくのは何でしょうか。フカヒレスープや干しアワビのステーキなど、中華料理は実にバラエティーに富んでいるので、あげようと思えばいろいろおもいつくことでしょう。でも高級中華料理の代表格として最も認知度が高く、街角で聞いたらおそらく80パーセント以上の人がこたえるであろう食材として挙げられるのは、北京ダックだと思います。実際、浜松市などの中華料理では北京ダックは一番の高級中華料理の注目メニューです。中国には長い歴史があることと同様にして、北京ダックにも長い歴史があります。
中国の皇帝、永楽帝という人が、野生の鴨を捕まえて、焼いてたべたところ、ことのほか美味しかったので、それが爆発的に広がったのが発端とされています。

永楽帝が活躍したのは、600年ほど前ですから、北京ダックも600年も中国人の舌を満足し続けてきたわけです。
そんなわけで、もし高級中華料理の店に行く機会があれば、たとえお値段がはっても一度は北京ダックに舌つづみしたいものです。

SNSでもご購読できます。