塗装面のカーコーディング

クルマの塗装面にとって最大の敵は紫外線です。塗装面の酸化を防止し、紫外線の影響を少なくするためには塗装面に透明被膜を塗布することが有効でUVカットファンデーションや日焼け止めの役割と同じですね。そのために昔はワックスを使用していましたが、ワックスは蒸発や雨で比較的短時間で消失してしまうのが難点でした。 現代では、分子的な結合を持つ被膜で塗装面を覆うカーコーティングが主流に。東京などのカーコーティングは「塗装の身代わり」となって汚れと紫外線を受け、自らが劣化していくことで塗装を守るのです

当然、時間の経過によってカーコーティングが劣化してしまうと再度施工しなければなりません。解決する方法としてキーパーコーティングというものがあります。キーパーコーティングの大きなメリットの一つは「楽になること」。

クルマが汚れたら洗えばいいだけで、洗車は水洗車でもシャンプー洗車でも、洗車機の洗車でもまったく問題ありません。さらに、東京などのカーコーティングを施すと汚れが落ちやすくなります。 愛車のお手入れが格段に短く、楽になりますよ

SNSでもご購読できます。